心のゆとりを取り戻そう

『あなたの影響できることにフォーカスする
あなたの変化に反応して周りが変化する
あなたのお部屋もあなたの変化に呼応する
あなたはお部屋の影響をとても受けている
お部屋のゆとりは心のゆとりに繋がる
心のゆとりを取り戻そう』

=============
関心があること
≠(ノットイコール)
自分が影響できること
=============

ということについてのお話です

え?どういうこと?
って感じですよね

五十嵐も最近しっくりきて、
そういうことか~
と思ったのでご紹介


あなたの関心があること
って何ですか?

例えば、アメリカの選挙
宇宙人のUFO
芸能人の不祥事など


その関心があることで
あなたに変えられる
OR
あなたが影響できる
ことってありますか?

あまりないのではないでしょうか?

五十嵐は、去年
地球環境をよりよくしたい
と思っていました

もう人類は
滅亡するしかないんだとか
なんで国の政治家は
何もしないんだとか
無力な自分にガッカリ
していました

その後、ふと
自分自身には
何ができるのだろう?
と考えてやってみて
気付きました

【ほぼ何もできない】
(大きな影響は与えられない)

え?意味なくない?
と思ったでしょう!
でもこの気づきが
すごい重要なんですよ!

【自分が関心があることが
自分が影響できることではない】

と気付いたのです

だから何もやらなくていい
っていうことではなく

【自分が影響できることから
やるしかない
自分の影響できることに
フォーカスしていく】

と思った訳です

皆さんの中には
そんなことわかっているよ~
という方も
多いかもしれませんね

大きな目標は
もっているけれど
小さな自分の
やれることをやっていく

自分の影響の及ぶ範囲で
ってことが大切だなと

ハイ、ここでやっと
ルームエイジングケア
についてですよ〜
(前フリ長いわ〜)


自分の影響の及ぶ範囲って
どこでしょう?

家族
職場
交友関係
部屋の中など

そう!
家の中、部屋の中!
その範囲が自分に
パワーを与えてくれるような
笑顔になるような
癒されるような
空間だったなら
自分自身もそこに住む
家族・植物・動物
すべてにとっての憩いの場
となるのではないでしょうか?
先ずは、そこからととのえていけば
いいのかもしれない

ひいては、その空間が
新しいアイディアが湧く場や
常に口角があがって
笑い声の溢れる場や
自分時間を1人で
楽しめる場や
友人たちと
くつろげる場や
お仕事に集中できる場に
なっていくのでは
ないでしょうか?

人って空間の影響を
ものすごく受けていると
感じます

============
空間の余白こそ
その人の心のゆとりの表れ
============

なのではないかな
と思います

そしてもう1つ
こころのゆとりに
欠かせないのが

========
時間のゆとり
========

ですね
その両方を手に入れるために
ルームエイジングケアして
いきたいですね

まだまだ精進せねばな
五十嵐です!
このメッセージで
みなさまの片付け心に
火が灯りますように✨

最後まで読んで頂き
ありがとうございます♪
皆さまにとって毎日が
たくさんの幸多き日となりますように🙏

不快を味わう


不快感、感じられてる!?
ノイズに慣れると快も見えなくなる

『マイルームの不快を味わう!その先に自分の快を知ろう♪』


不快感って、感じられてますか?
感じられなくなっている人って、実は増えているのではないかな?と感じます。

嫌なことや辛いこと、言いたくても言えないことなど我慢してしまう癖がついてませんか?それがどんどん積もって感覚麻痺に!その症状が不快を感じないことなのではないでしょうか?
(注:五十嵐的にイライラすることとは違います)

加え、不快感から逃れようとしている自分へのストレスで、今度は惨めな感情が出てきたりしてしまうのではないかなぁと五十嵐は考えます。



============== ======= =======
不快感を感じきって手放す方法
============== ======= =======

STEP①
《目に見えるモノを使って不快感を味わう》

目に見えない不快感を味わって、てばなすのって難しい。なので「目に見えるモノ」で不快感を味わうことから始めてみよう!不快感を感じるモノをてばなしたら、少しずつ心の中の不快感が減っていく感覚になるのではないでしょうか?

STEP②
《モノに対する自分の感情を味わう》
毎日過ごす家。
家は睡眠という大切なエネルギーチャージをする場です。その場が穏やかになる・心が元気になる場所になったら素敵ですよね。

森林の中のような、神社仏閣のような、温泉のようなそんな場所を想像して、我が家のモノと向き合う。モノを1個手にとって、なんかちょっと違う・なんかちょっとストレスという気持ちのサインを感じて、今の私に必要かな?今の私の笑顔につながっているかな?と考えてみてください。


不快が分かれば、より快がハッキリわかってくる!


五十嵐もここまで辿り着けずにまだ登山途中ですが、もっと自分の快を知るために不快を存分に味わっていきたいと思っています。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。少しでも皆さまの新しい発見や話のネタになれば幸いです。皆さまにとって毎日がたくさんの幸多き日となりますように。