過去にごめんね、ありがとう

五十嵐の過去に
『ごめんね、ありがとう』
と思うことがすごくあって

その内容を紹介したいと思います。

五十嵐の幼少期は、
1歳違いで妹が産まれて
『しっかり者のお姉ちゃん』
という周りからの期待と
自分もそうしなきゃという想いで
保育園・小学校時代を
生きていたように感じます

その時の母のイメージは
【眉間にしわをつけている顔】
だったりします
本当に叱られた記憶のほうが多いくらい
なので
【自分が欲しかった愛情を
感じられなかった】

【寂しかった】
と感じていました

2016年に我が子が産まれて
その我が子を抱っこしたり
あやしたりする母を見たときに
【この人、こんなに笑うんだ!?】
(↑母親に対してなんて言い方)
と思ったのです。

今になれば、
毎日遅くまでフルタイムで仕事をして
家事をして育児をして
地方から出てきて
頼る人もそんなにいなくて
毎日を必死に生きていたのだなと
分かります

母は、私たちに
英語の教材を買ったり
チャレンジを買ったり
ピアノを買ったり
してくれました。

決して裕福ではありませんでしたが
なぜ、それを買ってくれていたのか?

母も父も高卒で社会に出て
働いていました。
母も父も兄弟姉妹が多い家庭だったので
大学進学という選択はなかったのだと思います

そして、習い事をしたり
勉強をする機会にも
恵まれなかったのだと思います

それ故に、
お金を稼いで
我が子には勉強する機会を
色々な教養に触れる機会を
作ってあげたかったのだなと
今は思います
自分のしてほしかったことを
子供にしてあげていたのだな

当時の五十嵐は、
モノを与えられることが嫌で、
その教材はやらないと決めていたように
思います
勉強が嫌いだった訳ではないけれど
勉強をしたくなかった自分がいたように
思います

今になって
母のことを誤解していて
『ごめんね、ありがとう』
という気持ち
でいっぱいです

みなさま
てばなせない過去はありますか?

五十嵐のように
寂しかった過去の感情を
てばなせないパターンもあると思います
反対に
モノを愛情の形と感じて
そのモノをてばなせないパターンもあるでしょう


現在、自分が母親になり
母と同じように毎日を
必死に生きていることで
真顔で過ごしていないかな?
とたまに思います

子供にとって
愛情の感じ方はさまざま
五十嵐にとっては、モノではなくて
毎日私と話す時間をいっぱい作って欲しかった
毎日私のことを見ていてほしかった
毎日家に居て学校から帰ったら手作りお菓子が
あるというお家が憧れだった
と思います

今、我が子がそれを求めているかは
五十嵐には分かりません。
しかし、
我が子が母の愛を感じる毎日
になってくれたらなと
思います

とは言っても
五十嵐も一人の人間で
自分の人生を全うしたいと思っているので
自分の生きざまを見せることで
子供に学んでもらえたらなとも
思っています

五十嵐が親から学んだ
今(70代)も現役で働き続けている
スキルや経験というものを
私も持ちたいと思っています

誰かの役に立ちながら
支えあいながら
生きていきたいなと思います


今日は、
皆さまのご都合が合わず
座談会ZOOM参加者ゼロ~
だったので
念のためZOOMを繋げつつ
このブログを書いています
ちょっとブログ書いて
過去を思い出して
泣いちゃったしね~(笑)

最後まで読んで頂き
ありがとうございます
このブログを読んだ全ての人の
過去が『ごめんね、ありがとう』
で、てばなせますように
そして、毎日が
輝くような日々となりますように
願っています
ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です