ホセ・ムヒカ大統領

人間の本質ってここでしょ!!??
と衝撃を受けた五十嵐です。
以前から気になっていたホセ・ムヒカ大統領の言葉が翻訳されている本をブックオフにて購入しました。
全身に染みます!
全ての本質であり根本ってここだよね~と一人うんうん言いながら読みました。
感動しすぎて、家族の前で大声で朗読。友人たちにも読ませる始末。
ちょっと、感動した部分を載せさせてください。
上記の本からの引用となります。{ホセ・ムヒカの言葉 著 佐藤美由紀}



『貧乏な人とは、

少ししか物を持っていない人ではなく、
無限の欲があり、

いくらあっても満足しない人のことだ』


『根本的な問題は私たちが実行した社会モデルなのです。
そして改めて見つめなおさなければならないのは、私たちの生活スタイルだということ』



『発展は幸福を阻害するものであってはいけないのです。
発展は人類に幸福をもたらすものではなくてはなりません。
愛を育むこと、人間関係を築くこと、子供を育てること、友達を持つこと、
そして必要最低限の物を持つこと。
発展は、これらをもたらすべきなのです。

幸福が私たちのもっとも大切なものだからです。
環境のために闘うのであれば、人類の幸福こそが環境の
一番大切な要素であることを覚えておかなくてはなりません。』



『物であふれることが自由なのではなく、
時間であふれることこそ自由なのです。』



『私は消費主義を敵視しています。
現在の超消費主義のお陰で、
私たちはもっとも肝心なことを忘れてしまい、
人類の幸福とはほとんど関係のないことに、
人としての能力を無駄使いしているのです』


『人間のもっとも大事なものが
”生きる時間”だとしたら、
この消費主義社会は、
そのもっとも大事なものを
奪っているのですよ。』

あげたらキリがありませんが、名言ばかり。
たまに読み返し、自分の中の人間の根本を思い出したいなと思う一冊です。

環境の問題が解決される美しい地球へ戻るためには、問題に目を向けることだけでなく、一番は、自分に必要なものを見分ける力を人々が身に付けることなのかなと思います。
自分の幸せを考え、それに必要な最低限のもので、そのものたちを大切に共に生活をすることが美しい地球への第一歩なのかなと思っています。

『大量生産大量消費』『使い捨て』の社会をてばなし、『人生を共に歩みたいモノたちをみつける』ことが私にとっての美しい地球への第一歩なのだ!と感じました。

感じ方や考え方は人それぞれだと思っています。
皆様が、自分自身の考える第一歩を踏み出していけば、それは大きな100歩とか1000歩となり、世界は変わる!と思います。

読んでいただき、ありがとうございます。感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です