徳をつむ

最近、夫と『徳をつむ』について話しました。
夫は無口なので、ほぼ9割は、私が話していましたが…。
夫は、人の悪口や仕事の愚痴などを1回も言ったことがありません。
私が知る限り、お付き合いしていた時から1回も聞いたことはないと思います。
付き合い始めてから約10年になりますが、一回も。
なので、夫に
『徳積んでるよね~愚痴言わないもんね』
と言ったのです。
『でも、掃除とかしないから、積んだ徳が相殺されちゃってるね』と。
すると夫は、
『掃除と断捨離は好きだけど、愚痴は言うから徳ないね』と一言。
ごもっとも!で、ぐうの音もでません。

私が、YouTubeでよく聞いている方がおっしゃっていた内容で
『徳をつむ』とは、

人の悪口や仕事の愚痴などを言わないこと
トイレ掃除を毎日行うこと
部屋や玄関を掃除し、いつもきれいに保つこと
断捨離をすること


これをしなければいけないとかではなくて、その人の話を聞いて、
私がそうかもなぁと思ったという内容です。

最近の私は、信用を頂く仕事をしていると思っています。
信用を頂くってどういうことなのかなと考えると、徳をつむことなのかなと…、
今日ふと思ったのです。

なぜかというと、先日、夫が私に、
『金はないけれど、信用はあったか』
と言ったのです。
その時は、はっ?金ないって?と思ったのですが、
今思うとありがたい言葉。

そして今日、子供が40℃の熱を出し、夫からのキツイお灸を頂き、
より一層『徳を積む』について考えました。

何事もそうですが、片方から見るととても良いことをしている気持ちになって、気持ちが盛り上がっていたりすると、イケイケどんどんで突っ走ってしまいます。
しかし、一度立ち止まって、冷静になって考えることも必要。
と今日の子供の発熱で、そういわれているように感じました。
本当にそれって大切だなと。

とても良いことをしているかどうかって、してもらった相手にしか分からないのだなと。してもらった相手が、どう感じるかだと思います。
私は、いいことした~とか思っていても、相手には迷惑なことってありますよね。

そういう意味で、自分の側からだけで考えずに、相手の立場や気持ちにたって考えて一つ一つの行動を選択していくことが今の私に必要なことなのかも!?と。


世の中ってもちろんギブアンドテイクや損得勘定も多いけれど、それ以外にも大切なことがあるなぁと最近しみじみ感じます。

それが、徳をつむ・信用をいただくことなのかなと思います。


来年の今頃に周りの人達を笑顔にできるくらいの徳や信用をつんでいきたいと思います。

私の決意表明を読んでいただき、ありがとうございます。


お金に振り回されないで

こんにちは。健康の大切さに気付き始めた五十嵐です。

まだ20代だった頃は、残業して体に無理をしいて働くこと・朝までオールで飲むことが生きがいだったように思います。
現在は、オールなんて以ての外!眠くて起きていられませんが…。

あの頃は、変な病気にかかって1週間以上高熱が下がらず、全身に蕁麻疹のような発疹ができ、行かなきゃと思うのに動くことができずに仕事を休んでいました。
病院に行っても病名不明で、休んでくださいと対処療法の薬を渡されただけでした。
泣いてもどうにもならず、寝ていても辛いしで…。
こんなことになったにも関わらず、健康のありがたさに気づけませんでした。
健康よりもお金が大切って本気で思っていました。

今、38歳になり、子育てをしていることで、健康の大切さにやっと気付くようになりました。体力もなくなったからか、パートの仕事をしていた時も大半が風邪でマスクをしていました…。
そのパートを辞めた今だから言えるのが、

健康がなければ、どこかへ行くこともできないですし、働けないですし、美味しい食べ物を美味しいと思うことすらできません。
お金だって病院代などで出ていく一方で、一向に入ってきませんよね。
なので、私は、身体の健康って大事だなって思うようになりました。
我が家の場合、私が倒れたら、誰が子供の世話をして、日々の家事をやるのだろうか?

次に心の健康です。ここも大切!
心の健康がないと上記でも説明しましたが、医学でも解明できない病気になってしまったり、一般的には鬱や不眠・頭痛などもそうですが、日々のちょっとした体調不良の大半が心の不健康からきていると思います。
なので、心が健康で楽しいことを楽しいと感じ、悲しいことを悲しいと感じる、天気が良い日に気持ちいいと感じたり、好きな音楽を聴いてテンションが上がったり、そういう当たり前のことを感じられる。
これが心の健康かなと思います。


その上での美味しい食事があるのかなと思います。
身体が求めるものを美味しくいただくということも忘れてはいけませんね。


そして次のステップは、心と時間のゆとりです。
ここも大切だなとパートの仕事を辞めた後、思いました。
パート退職後、仕事は数件しか入らず、やばい~と思っていた私。
しかし、資格と取りつつのんびり頑張ろうと決めた途端に心が軽くなり、時間的ゆとりもできたことで、今までイライラしていた全てのことにイライラしなくなりました。
しかも時間ってすべての人に平等で24時間っていうのもうれしいですよね。
時間だけは、どんな大富豪も私と一緒なの!って思える。
だからこそ、大富豪の人たちよりも誰よりも自分にとって一番良かったと思える時間の過ごし方をしようって思えるようになりました。
自分にとっての良かったと思える時間の過ごし方って何かな?
と問うた時に、
そもそも、私にとっての幸せって何かしら?
と考えるようになりました。
自分にとっての幸せって、自分にしか分かりませんよね。
人をみて羨ましいと思うこともありますが、その人になって、今の自分の人生や子供や家族や友人や同僚たちやママ友やそういう人たちとの関係をなかったことにはしたくないなって思いました。
そして、人の役に立つ何か仕事をしていたいとも思いました。
もちろん、リセットしたい人はリセットしてもいいと思います。
自分にとっての幸せなのですから。
これを考えて突き詰めていくと自ずと答えはみえてくるのかもと思います。
みなさまも一度やってみてはいかがでしょうか?

そしてそして、時間的ゆとりですが…
時間的なゆとりは、心のゆとりを生みます。反対もまた然りですが…。
現代の人たちは、自ら時間に追われる選択を繰り返しているなと感じます。
通勤ラッシュに電車に乗り、仕事に行き、毎日やることを消化して、時間が足りずに深夜まで残業。そして、たまに早く帰る日も付き合いで飲み会に行って、体調不良になりながらも次の日も仕事へ。家族がいる人は、帰れば家族が居て、うれしいしホッとする反面、自分ひとりの時間はあまりなかったりします。
主婦の人たちも時間に追われていますよね。朝から起きて、洗濯して・朝食作って・子供の身支度させて・保育園や幼稚園に連れていき、帰ってくる前にスーパーで夕飯の買い物。帰れば、ニュース番組をみたり、たまった録画を見たり、そうこうしてるうちにお迎えの時間になり、急いで迎えに行って、帰るとおやつを食べさせつつ夕飯づくり。もしくは、帰りにママ友と子供を公園で遊ばせて、お話会。夕食後は、お風呂に寝かしつけに……あー。
私も3歳の子供をもつママなので、分かります。自分にはどうにもならない子供時間に合わせる日々。
しかし、そんな日々の中でも、自分のやりたいことをやる時間をつくることってできるのです。自分ひとりで頑張るのではなく、人に頼ってみたり(家事代行やサービス)、夕飯を毎日作らないと決め、総菜デイや外食デイを作ったり、子供を延長保育してどこかへお出かけしてもいいですよね。
お金かかるじゃんと思われる方も多いと思いますが、お金より自分自身のことを労わる時間が大切だと思います。主婦の家事という労働は、仕事になっているほどの重労働なのですよ、それを無給&無休でやり続けていることを考えてください。
もちろん、男性の会社で仕事して家族の生活のためにお金を稼いでいる、この労働も素晴らしいことです。責任やストレスは計り知れませんね。
なので、男性のみなさまもですよ。
自分自身や相手のことを労わる時間をお金で買ってください。
時間をお金で買うことへの罪悪感ってすごいあると思うのです。
特に頑張っている人ほどそうで…。
なので、自分へのご褒美だって思いましょう。
罪悪感をてばなして、自由になってほしいなと思います。

最後に、上記のことがあっての仕事であったり、お金であったりするのかなと私は思います。
身体の健康・心の健康・食・心や時間的ゆとり、見つめなおしたいですね。

長くなりましたが、読んでいただきありがとうございます。
この文章が誰かのお役に立ったり、ヒントになったら幸いです。